--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2011/11/30

【センター過去問】 平成6年度(本) 第2問 B 問6

A: Have you decided to go to Australia?
B: No, I haven't. I don't think my English is good enough.
A: Don't let that stop you.
B: Maybe you're right. ( )

(1) A picture is worth a thousand words.
(2) Better safe than sorry.
(3) Nothing ventured, nothing gained.
(4) Slow and steady wins the race.

(平成6年度(本) 第2問 B 問6)

A:オーストラリアへ行くことを決心したかい?
B:いいえ。私の英語は十分じゃないと思うし。
A:そんなことであきらめたらダメだよ。
B:あなたの言うとおりかもしれないわね。( )

Don't let that stop you.は直訳すると、「それにあなたを止めさせるな。」です。それとは「英語が十分ではないこと」です。つまり、英語が十分ではないからといってあきらめてはいけないということです。

今回の問題はことわざです。

(1) A picture is worth a thousand words.
一枚の絵は千個の言葉に値する
→百聞は一見にしかず

(2) Better safe than sorry.
後悔より安全のほうがよい
→転ばぬ先の杖

sorryは「後悔して」という意味があります。

(3) Nothing ventured, nothing gained.
危険をおかさなければ、何も得られない
→虎穴に入らずんば虎子を得ず

ventureは「危険をおかして賭ける」という意味です。

(4) Slow and steady wins the race.
ゆっくりと着実にやれば競争に勝つ

「急がば回れ」と翻訳される場合もあるようですが、厳密にはこれは、急いでいる時は安全な回り道のほうがよいという意味で、Slow and steady wins the race.は、コツコツと着実にやれば競争に勝てるという意味です。

というわけで、英語が不十分だからといって尻込みしてはいけないというわけですから、正解は(3)です。

Nothing ventured, nothing gained.
危険をおかさなければ、何も得られない
→虎穴に入らずんば虎子を得ず

関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。