--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2011/12/21

【センター過去問】平成6年度(追) 第1問 C 問1

他の三つと比べて、強く発音されるものを一つ選べ。

A: Wow, that's a strong wind outside today!
B: Yes, it ①is. I wonder if the trees ②can stand ③it.
A: Yeah, I think we'll lose some if it gets ④any stronger.

(平成6年度(追) 第1問 C 問1)

A:うわぁ、今日は外の風が強いな!
B:ええ、そうね。木が耐えられるかしら。
A:ああ、これ以上強く吹くと、何本か倒れると思うよ。

standは「耐える」という意味があります。stand itのitはstrong windのことです。

getは「~になる」という自動詞で、get strongで「強くなる」という第2文型です。

したがって、strongerは補語ですが、anyは補語の形容詞などの比較級を修飾して、「いくらか、少しは」という意味があります。ただし、この問題のように、翻訳には現れないことが多いです。

① be動詞は、補語を伴っている場合は、原則弱く発音しますが、質問の答などのように、補語を省略する場合は強く発音します。

Is this a pen? Yes, it is.
これはペンですか?はい、そうです。

②③ 助動詞、代名詞は、特に理由がなければ、弱く発音します。

④ anyは肯定文で使う「どんな~でも」という意味の時は強く発音しますが、疑問文、否定文、条件文で使う「いくらか、いくつか」の意味の場合は弱く発音します。

したがって、正解は(1)です。
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。