--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/02/03

【センター過去問】平成24年度(本) 第2問 B 問2

Maria: Kathy's late. Didn't you tell her how to get to our house?
James: No, you were supposed to tell her.
Maria: Oh, I forgot all about it.
James: Then, ( ).

(1) it's no wonder she could be on time
(2) she might be lost and wandering around
(3) she must have found herself lost in thought
(4) you'll locate her house without any problem

(平成24年度(本) 第2問 B 問2)

マリア:キャシーが遅いわ。私達の家へ来る方法を教えなかったの?
ジェームズ:ああ。君が教えることになってただろ。
マリア:あらま、すっかり忘れてたわ。
ジェームズ:それじゃ、( )

be supposed to doは英語では頻出の熟語で、「~だと思われている、~することになっている」という意味です。

(1) it's no wonder she could be on time
彼女が時間どおりに来ることができたのは少しも不思議ではない。

It is no wonder (that) ~は「~は少しも不思議ではない、~なのは当たり前だ」、on timeは「時間どおりに、定刻に」です。

(2) she might be lost and wandering around
彼女は道に迷って、あたりをさまよっているかもしれない。

wanderは「歩きまわる、さまよう」

(3) she must have found herself lost in thought
彼女は気がつくと物思いにふけっていたに違いない。

be lost in thoughtsで「ひとりで物思いにふける」という意味です。この場合thoughtはsが付いたほうがいいでしょう。

(4) you'll locate her house without any problem
あなたは何の問題もなしに彼女の家を探し出すだろう。

locateは「突き止める、探し出す」

というわけで、二人の家の場所を知らされていないキャシーは、当然道に迷ってさまよっているはずです。正解は(2)です。

Well, she might be lost and wandering around.
彼女は道に迷って、あたりをさまよっているかもしれない。
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。