--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/02/16

【センター過去問】平成5年度(本) 第2問 A 問7

I suggested to Mary ( ) with me to collect empty cans on the street, but she said she was too busy.

(1) come (2) that she come (3) that she had come (4) to have come

(平成5年度(本) 第2問 A 問7)

私はメアリーに、道路の空き缶を集めるために私と一緒に来るよう提案したが、彼女は忙し過ぎると言った。

今回の問題は典型的な仮定法現在の問題です。

order(命令する), demand(要求する), request(要求する), suggest(提案する), propose(提案する), insist(主張する), advise(忠告する), decide(決定する), etc.

以上の語+that S (should) 原形

これで、「~するよう提案する(命令する, etc.)」という構文になります。アメリカ用法ではshouldは使わないとされています。そして要注意なのは、主語の後いきなり原形動詞が来るということです。

したがって、今回の問題は次のようになります。正解は(2)です。

I suggested to Mary (that she come) with me to collect empty cans on the street, but she said she was too busy.
私はメアリーに、道路の空き缶を集めるために私と一緒に来るよう提案したが、彼女は忙し過ぎると言った。

この仮定法現在の問題は、入試ではほぼ確実に出る問題です。あまりにも有名な問題ですので、必ず覚えておいてください。詳細は【英文法】のページを読んでください。

【英文法】仮定法 仮定法現在
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。