--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/02/27

【センター過去問】平成5年度(本) 第2問 A 問17

After six hours' climbing, we finally ( ) the top of the mountain.

(1) could be reached (2) could have reached (3) succeeded in reaching (4) succeeded to reach

(平成5年度(本) 第2問 A 問17)

6時間登った後、我々はついに山の頂上に到達することに成功した。

six hours' climbingに気をつけて下さい。単数形の所有の形はhour'sですが、複数形の場合はhours'となります。

今回の問題は、succeedという動詞の語法の問題です。ズバリ、「~に成功する」というときは、自動詞となり、succeed in Oとなります。したがって、動詞が続く場合は、動名詞となって、succeed in reachingとなります。

また、succeed Oとなると、他動詞になり、「(人)の後を継ぐ」となります。succeed my fatherで「父の後を継ぐ」です。

また、reach Oで「Oに到着する」ですが、(1)は「私達が到着される」という受動態なのでダメ。(2)はcould have 過去分詞で仮定法過去完了の「~できただろうに」という意味なので、これもダメ。

したがって、正解は(3)のsucceeded in reachingです。

After six hours' climbing, we finally (succeeded in reaching) the top of the mountain.
6時間登った後、我々はついに山の頂上に到達することに成功した。
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。