--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/02/29

【センター過去問】平成5年度(本) 第2問 B 問2

A: Hey! That's my blouse! Put it back.
B: But you never wear it.
A: That doesn't matter. ( )
B: So what? It matches my skirt!

(1) I can borrow it.
(2) Mother gave it to me.
(3) You bought it.
(4) You can't wear it.

(平成5年度(本) 第2問 B 問2)

A:ちょっと!それは私のブラウスよ!もとに戻してちょうだい。
B:だけどぜんぜん着ないじゃない。
A:そんなの問題じゃないわ。( )
B:だから何?私のスカートにぴったりなのよ。

どうやら、姉妹の醜い争い(笑)のようです。

put O backは文字どおり、「元の場所へ置く」という意味です。

That doesn't matter.は「それは問題にはならない」というのが直訳です。

So what?は「だから何?」という、相手の言うことを一蹴(いっしゅう)する時の決まり文句です。

matchは「調和する、似合う」という意味です。

(1) I can borrow it.
私はそれを借りることができる。

(2) Mother gave it to me.
お母さんがそれを私にくれた。

(3) You bought it.
あなたがそれを買った。

(4) You can't wear it.
あなたはそれを着ることができない。

Aは自分のブラウスであることを立証する事実を述べているはずです。(4)の「あなたは着ることができない」では、自分の所有物であることを立証することはできません。すると、正解は(2)しかありません。

Mother gave it to me.
お母さんがそれを私にくれた。
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。