--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2011/05/04

このブログについて

このブログは、高校1年生から大学受験生向けの英語学習ブログです。

高校1年生から高校2年生の方には、学校の英語の授業、定期試験に役立つよう、基本的な英文法と構文の解説をしています。

英文法は、高校の英語の授業に必要な最低限の文法知識を、実際の授業と同じ口調で解説してみました。これだけの知識をマスターしていれば、学校の定期試験だけでなく、大学入試も十分にカバーできます。

英語構文は、上述の文法の説明に使われた例文を、すべてピックアップして、英文と訳文、そして解説を載せてあります。文法の勉強は、結局のところ、構文の暗記です。ここにある構文をすべて暗記すれば、大学入試でも十分すぎるほどです。

高校3年生、大学受験生の方には、大学入試、特にセンター試験の受験に役立つよう、センター筆記試験の発音、文法、語法問題に焦点を当てて解説しています。

センター試験に限らず、大学入試の勉強は、過去に出題された問題に当たることが、もっとも効率のよい学習法です。そのために必要なのは、各問題に対する、できる限り詳細な解説です。当ブログのセンター過去問解説は、受験生が一人で過去問を学習する際の、大きな助けになると思います。

さらに、英語の解説だけでなく、英語の学習方法に関しても、高1~2年生と、受験生とに分けて、詳細に解説しています。

英語は、ただ単に学校の定期試験や入学試験をしのぐための道具ではなくで、おそらく、実社会に出てもっとも実用となる教科の一つだと思います。

そして、実際に使える英語の学習法は、学校の定期試験や、大学入試のためのもっとも効率のよい学習法でもあると言うと、ほとんどの方は意外に思うかもしれません。なぜなら、これまでの日本では、受験英語と実用英語はまったく別のもので、学習法も違うものと考えれられてきたからです。

しかしながら、私が敬愛する故松本亨先生が言われるとおり、学校の定期試験や大学入試で最強の者というのは、実は実際に英語を使える達人のことなのです。

近年の大学入試では、大量の英語長文を、早く正確に読む能力が特に重視されていますが、英語を英語のまま、ダイレクトに早く正確に読むための学習法を特に詳細に解説してみました。

その他、将来英語を職業としたい方も含めて、実際に使える英語をマスターするための方法を、各ジャンルに分けて、詳細に解説してみました。

当ブログが、高校英語を勉強する皆さんの役に立てば幸いです。どうぞ有効に活用してください。

【塾長プロフィール】
1957年生まれ。現在愛知県在住。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はルアーフィッシング、フライトシミュレーター。
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。