--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/05/12

【センター過去問】平成4年度(本) 第2問 A 問17

Don't go too far out from the shore in that small boat. ( )

(1) It cannot be in danger.
(2) It could be dangerous.
(3) You wouldn't be dangerous.
(4) You'd be out of danger.

(平成4年度(本) 第2問 A 問17)

あの小さなボートで海岸から遠くへ行ってはいけない。( )

今回のポイントは、助動詞canと、in danger、dangerousの意味の違いです。

助動詞canは根本的に「~できる」と「ありえる、可能性がある」という、二つの意味があります。

in dangerは「危険な状態にある」、dangerousは「(物事)が危険だ」と「(人などが)危害を加えそうな」という二つの意味があります。

(1) It cannot be in danger.
それは危険な状態にあるはずがない。

cannotは「ありえる」の否定で「ありえない、はずがない」という意味です。

(2) It could be dangerous.
それは危険である可能性があるだろうに。

意味がよくわかるように、誇張した翻訳にしましたが、couldは仮定法で、「ありえるだろうに、可能性があるだろうに」

(3) You wouldn't be dangerous.
あなたは危害を加えそうではないだろうに。

これも誇張した翻訳にしましたが、「あなたは危険人物ではないだろう」の仮定法です。「あなたが危険な状態になるだろう」という意味ではありません。

(4) You'd be out of danger.
あなたは危険を脱するだろうに。

この助動詞はwouldと考えられます。もちろん仮定法です。out of dangerは「危険を脱している」

というわけで、「ボートに乗ることが危険である可能性がある」と言いたいのですから、正解は(2)です。

Don't go too far out from the shore in that small boat. (It could be dangerous.)
あの小さなボートで海岸から遠くへ行ってはいけない。(それは危険である可能性があるだろうに。)
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。