--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/05/15

【センター過去問】平成4年度(本) 第2問 B 問3

A: I bought these eggs here, but they were bad.
B: I'm sorry about that.
A: ( )
B: No, I'm afraid we can only give exchanges. It's store policy.

(平成4年度(本) 第2問 B 問3)

(1) Can I exchange them?
(2) Can I have my money back?
(3) Can I have some fresh ones?
(4) Can I have the same kind of eggs?

A:ここでこれらの卵を買ったんだけど、腐ってました。
B:それは申し訳ありませんでした。
A:( )
B:いいえ、すみませんが交換しかできません。店の方針ですので。

badというのは、この場合「腐っている=rotten」ということです。

store policyというのは、文字どおり「店の方針」ですが、一種の売買契約のようなもので、客といえども、簡単にこれを覆すことはできません。日本でいう「店主のこだわり、趣味」とはまったく異なります。

(1) Can I exchange them?
それらを交換できますか?

(2) Can I have my money back?
返金してもらえますか?

普通「返金する」はrefundと言います。

(3) Can I have some fresh ones?
新鮮なものをもらえますか?

onesは、もちろんeggsのことです。

(4) Can I have the same kind of eggs?
同じ種類の卵をもらえますか?

というわけで、店側は「交換しかできない」と言っています。ということは、客は「返金してほしい」と言っていることになります。正解は(2)です。

Can I have my money back?
返金してもらえますか?
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。