--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/06/13

【センター過去問】平成4年度(追) 第2問 A 問15

Our dog ( ) for many weeks, but in the end she came back.

(1) has missed (2) missed (3) was missing (4) was to miss

(平成4年度(追) 第2問 A 問15)

うちの犬は何週間も行方不明だったが、結局もどってきた。

in the endは「ついに、最後には」です。

今回の問題は、missingという形容詞です。難しく考えなくても、missingという形容詞は「紛失した、行方不明の」という意味があります。したがって、単純な過去形で、

Our dog was missing.
うちの犬は行方不明だった。

でよいのです。正解は(3)のwas missingです。

Our dog (was missing) for many weeks, but in the end she came back.
うちの犬は何週間も行方不明だったが、結局もどってきた。
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。