--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/06/19

【センター過去問】平成4年度(追) 第2問 B 問4

A: I'm haveing difficulty mending this door.
B: Do you need any help?
A: Yes, ( )
B: Just a minute. I'll be right with you.

(1) could you hold it for me?
(2) I'll do it by myself.
(3) you need me to help you.
(4) you need some, don't you?

(平成4年度(追) 第2問 B 問4)

A:このドアを修理するのに苦労しているんだ。
B:助けが必要かい?
A:ああ、( )
B:ちょっと待ってくれ。すぐに手を貸すから。

have difficulty ~ingは「~するのに苦労する」です。

I'll be with you.というのは、直訳すれば「私はあなたとともにいるでしょう。」つまり「あなたの相手/応対をします。」という意味で、商店などで「はい、すぐにうかがいます。」という時の、決まり文句です。

rightは「すぐに、ただちに」という副詞の意味があります。

(1) could you hold it for me?
それを持っていてくれるかい?

(2) I'll do it by myself.
一人でやるよ。

by oneselfは「独力で」

(3) you need me to help you.
君は僕に手伝ってもらう必要がある。

(4) you need some, don't you?
君は助けが必要だろ?

省略しないで書くと、you need some help, don't you?となります。

というわけで、AはBに手伝ってもらうことになりましたから、正解は(1)です。

Yes, could you hold it for me?
ああ、それを持っていてくれるかい?
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。