--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/06/21

【センター過去問】平成4年度(追) 第2問 B 問6

A: We're having a party. Would you like to come?
B: Is it all right if I bring a friend with me?
A: ( )
B: Then I'd love to come.

(1) No, I don't know.
(2) Of course not.
(3) That's right.
(4) Why not?

(平成4年度(追) 第2問 B 問6)

A:パーティーをやるんだけど、来ないかい?
B:友人を連れて行ってもいいかい?
A:( )
B:それじゃ喜んで行くよ。

ここでは、comeという動詞の使い方が難しいかもしれません。

1行目のcomeは単純に「来る」でいいですよね?しかし4行目のcomeは「来る」という翻訳ではおかしいです。

英語では、相手と合流する時はcomeです。相手から離れてどこかへ行ってしまうことはgoと言います。

Then I'd love to come.
それでは喜んで合流します→行きます

Then I'd love to go.
それでは喜んで行きます
→あなたのところへ行くのではなくて、よそへ行くという意味

(1) No, I don't know.
いや、わからないな。

(2) Of course not.
もちろんダメだよ。

全文を書くと、

Of course it is not all right if you bring a friend with you.
もちろん、あなたが友人を連れてきてはダメです。

(3) That's right.
そのとおり。

(4) Why not?
もちろん、いいですよ。

これも全文を書くと、

Why don't you bring a friend with you?
友人を連れてきてはいかが?

「なぜ~しないのか?」→「~してはいかが?」という意味です。単純にWhy not 原形?という場合もあります。

Why not bring a friend with you?

というわけで、友人を連れて行きたい→喜んで行くと言っているのですから、友人を連れてくることを了承、勧めているはずです。したがって正解は(4)のWhy not?です。

Why not?
もちろん、いいですよ。
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。