--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/07/05

【センター過去問】平成3年度(本) 第2問 A 問7

I don't know what this word means. I'll look it ( ) in the dictionary.

(1) about (2) for (3) through (4) up

(平成3年度(本) 第2問 A 問7)

この単語が何を意味するかわからないな。辞書で( )みよう。

(1) look about O = Oのあたりを見回す

自動詞+前置詞+Oの構造です。

(2) look for O = Oを探す

自動詞+前置詞+Oの構造です。

(3) look through O
= look O through
= Oに目を通す、Oを詳しく調べる

この場合は、look throughの2語で他動詞になります。つまり、

他動詞+副詞+O
=他動詞+O+副詞

という構造です。

ただし、look through Oで「Oを通して見る」という意味で、

自動詞+前置詞+O

という用法もあります。

(4) look up O
=look O up
=Oを調べる

この場合は、look upの2語で他動詞になります。つまり、

他動詞+副詞+O
=他動詞+O+副詞

という構造です。

ただし、look up Oで「Oを見上げる」という意味で、

自動詞+前置詞+O

という用法もあります。

今回の問題は、簡単なようで、実は複雑なものを含んでいます。

【1】自動詞+前置詞+Oの構造の場合、この語順を変えることはできません。

○ look for it
× look it for

【2】他動詞+副詞+O=他動詞+O+副詞の場合、ご覧のように二種類の語順があります。

○ look up the word
○ look the word up

(人称代名詞の場合)
× look up it
○ look it up

ただし、目的語が人称代名詞の場合は、上述のように1種類の語順しか許されません。

これに関しては、look atとput onの語順がよく引き合いに出されます。

look atは【1】の例です。したがって、look at itはよいですが、look it atは間違いです。

put onは【2】の例です。したがって、put on the hatも、put the hat onも正解ですが、put it onは正解で、put on itは間違いです。

複雑なようですが、実は単純な理屈です。何度も読み返して理解してください。ちなみに、これはセンターだけでなく、あらゆる英語の試験で頻出の問題です。

というわけで、上述の(4)で解説したとおりです。正解は(4)のupです。そして、

look up the word in the dictionary
=look the word up in the dictionary
辞書で単語を調べる

は有名な熟語です。もちろん、人称代名詞の場合は、

○ look it up in the dictionary
× look up it in the dictionary
辞書でそれを調べる

です。

余談ですが、この問題では、見分け方がわからないという声がよく聞かれます。しかしこれは見分けるものではありません。

問題の動詞が、【1】自動詞+前置詞+Oなのか、【2】他動詞+副詞+O=他動詞+O+副詞なのかを辞書で調べて覚えるだけのことです。しかし、この件で試験問題になる動詞は非常に限られていますので、心配は無用です。

I don't know what this word means. I'll look it (up) in the dictionary.
この単語が何を意味するかわからないな。辞書で(調べて)みよう。
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。