--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/07/18

【センター過去問】平成3年度(本) 第2問 B 問3

空欄に入れるのに最も適当なものを、下の①~④のうちから一つずつ選べ。

A: I grew up in a small town.
B: ( )
A: It wasn't at all. You can't imagine the fun we had.

(1) I'd like to live in a small town.
(2) That must have been boring.
(3) That sounds like a lot of fun.
(4) You must have spent a happy boyhood there.

(平成3年度(本) 第2問 B 問3)

A:私は小さな町で育ちました。
B:( )
A:ぜんぜんちがいます。私達が経験した楽しさをあなたは想像できないでしょうね。

(1) I'd like to live in a small town.
私は小さな町に住みたい。

I would like toの短縮形です。

(2) That must have been boring.
それは退屈だったに違いない。

must have 過去分詞は「~だったに違いない」

(3) That sounds like a lot of fun.
それはたいへん楽しいようだ。

「~のように聞こえる、~のようだ」は、

sound 形容詞
sound like 名詞

です。

問題文も、この文も、funは名詞であることに注意してください。

(4) You must have spent a happy boyhood there.
そこであなたは楽しい子供時代を過ごしたに違いない。

boyhoodは「少年時代」

要するに、Aは故郷での子供時代が楽しかったと言っていますから、Bはその反対です。正解は(2)です。

That must have been boring.
それは退屈だったに違いない。
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。