--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/08/20

【センター過去問】平成3年度(追) 第2問 B 問5

A: Do you go straight to the airport?
B: No. ( )
A: Where can I get that?
B: Change buses at the next stop.

(1) There is no bus service to the airport.
(2) You are going the wrong way.
(3) You ought to have taken the Number 7.
(4) You've taken the wrong bus.

(平成3年度(追) 第2問 B 問5)

A:空港まで直通ですか?
B:いいえ。( )
A:それはどこで乗れますか?
B:次のバス停で乗り換えてください。

go straightは「まっすぐ行く」、つまり「直通で行く」ということです。

getはこの場合「乗る」です。

今回はバスの運転手と乗客の会話のようです。

(1) There is no bus service to the airport.
空港へのバスはありません。

(2) You are going the wrong way.
あなたは道を間違えています。

the wrong wayは「誤った道」

(3) You ought to have taken the Number 7.
7番系統に乗るべきでした。

ought to have 過去分詞ですから「~すべきだったのに(しなかった)」

the Number 7は「7番系統のバス」ということでしょう。

(4) You've taken the wrong bus.
バスを間違えていますよ。

Aはバスを乗り間違えたようで、運転手に乗り換えるよう言われています。さらに、Aは正しいバスをどこで乗ったらよいかも聞いています。ということは、運転手は正しいバスについて、かなり具体的なことをAに教えたようです。

というわけで、正解は(3)です。

You ought to have taken the Number 7.
7番系統に乗るべきでした。
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。