--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/10/13

【センター過去問】平成2年度(追) 第2問 B 問1

A: This movie is really boring. Let's go home!
B: No. It might get better, so ( )
A: Oh, come on. It's terrible. Let's go!

(1) I'm leaving.
(2) it's finished.
(3) let'sw wait a little longer.
(4) you can't be boring.

(平成2年度(追) 第2問 B 問1)

A:この映画は本当に退屈だ。帰ろう!
B:ダメよ。よくなるかもしれないじゃない。だから( )
A:おいおい。ひどいもんじゃないか。行こう!

come onには、いろいろな意味がありますが、この場合は「いいかげんにしろよ、よせよ」などと、相手をたしなめる意味です。

terribleは「ひどい」の意味です。

(1) I'm leaving.
私は出発するところです。

(2) it's finished.
それは終わりました。

it has finished.のことです。itは映画のことです。

(3) let's wait a little longer.
もう少し待ちましょう。

(4) you can't be boring.
あなたが退屈な人であるはずがない。

この選択肢は、ほとんどの人が意味を間違えると思います。

まず、canには「できる」と「ありえる」の二つの意味があります。この場合は否定形で「ありえない」、つまり「はずがない」です。

次に、boreは「退屈させる」という他動詞です。したがって、boringという現在分詞は「(他者を)退屈させる」、boredという過去分詞は「(他者によって)退屈させられる」という意味です。

この場合は、「あなたが(他者を)退屈させるはずがない」という意味です。「あなたが退屈な人になることができない」は典型的な間違いです。

というわけで、文脈から、正解は(3)です。

It might get better, so (let's wait a little longer.)
よくなるかもしれないじゃない。だから(もう少し待ちましょう。)
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。