--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/11/24

【センター過去問】平成24年度(追) 第2問 A 問5

Spending too much time surfing the Internet can ( ) many students of sleep.

(1) deceive (2) deprive (3) despise (4) discourage

(平成24年度(追) 第2問 A 問5)

インターネットのネットサーフィンに時間をかけすぎることは多くの学生から睡眠を奪う可能性がある。

spend O doingは「~するのにO(時間)を費やす、Oをかけて~する」です。

surfは「波乗りをする」という意味ですが、90年代の初期、インターネットの黎明期、Webサイトを見て回るという意味にも使われるようになりました。

したがって、主部のspending too much time surfing the Internetは、「インターネットのネットサーフィンに時間をかけすぎること」という意味です。

助動詞のcanは「ありえる、可能性がある」という意味です。

(1) deceive = だます

(2) deprive O1 of O2 = O1からO2を奪う

(3) despise = 軽蔑する

(4) discourage = 落胆させる、邪魔する

というわけで、正解は(2)のdepriveです。

Spending too much time surfing the Internet can (deprive) many students of sleep.
インターネットのネットサーフィンに時間をかけすぎることは多くの学生から睡眠を奪う可能性がある。
関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。