--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2011/09/02

【センター過去問】 平成7年度(追) 第2問 A 問14

If you were to fall from that bridge, it ( ) almost impossible to rescue you.

(1) is (2) was (3) would be (4) would have been

(平成7年度(追) 第2問 A 問14)

万が一あの橋から落ちたら、あなたを助けるのはほとんど不可能だろう。

今回の問題は仮定法未来の問題です。

仮定法未来というのは、「まずそんなことはあり得ないだろうが、万が一~、仮に~」というニュアンスを持った仮定法です。

If the sun were to rise in the west, I would not change my mind.
(もし太陽が西から昇ったとしても、私は決心を変えない)

If it should rain tomorrow, I would(will) stay at home.
(万一明日雨が降ったら、私は家にいます)

ご覧のように仮定法未来には二種類あって、were toよりshouldのほうが若干改まった言い方になります。

主節のほうは、were to → 過去形の助動詞、should → 過去(現在)形の助動詞となります。

というわけで、were to → 過去形の助動詞ですから、正解は(3)のwould beとなります。

If you were to fall from that bridge, it (would be) almost impossible to rescue you.
万が一あの橋から落ちたら、あなたを助けるのはほとんど不可能だろう。

【訂正のお知らせ】
英文法と構文の仮定法未来のページで、were toの主節の助動詞は現在形も使うとありましたが、上述のように、現在形の助動詞を使うのはshouldの場合のみです。お詫びして訂正いたします。

http://blog.livedoor.jp/english57/archives/51243115.html

http://blog.livedoor.jp/english57/archives/51333156.html

関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。