--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2011/08/24

【センター過去問】 平成7年度(追) 第2問 A 問5

"Did your brother really lose the new pen you gave him?"
"Yes, he did. I wish ( ) to take better care of his things."

(1) he'd learn (2) He'll have learned (3) He's learned (4) he's learning

(平成7年度(追) 第2問 A 問5)

「あなたの弟は本当にあなたがあげた新しいペンを失くしたのですか?」
「ええ、そうなんです。自分の持ち物をもっと大切にするようになればなあと思います。」

learn to doは「~するようになる、できるようになる」という熟語です。

take care of Oは「Oの世話をする、Oの面倒を見る、Oに気を配る、Oを大事にする」という意味です。betterは「十分な、たっぷりな」という意味のgoodの比較級で、take good care of Oで「Oを十分に大切にする」となります。このgoodを「よい」などと解釈しないように。

さて、今回の問題は仮定法の構文の問題です。

I wish he would be happy.
彼が幸福になればなあと思います。(仮定法過去)

I wish he would have been happy.
彼が幸福になっていればよかったなあと思います。(仮定法過去完了)

ご覧のように、

I wish S + 助動詞の過去 + 原形
Sが~ならばなあと思う。

I wish S + 助動詞の過去 + have + 過去分詞
Sが~だったらなあと思う。

となります。

したがって、正解は(1)のhe'd learnです。

関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。