--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2011/08/03

【センター過去問】 平成7年度(本) 第2問 A 問13

You will find the word "psychology" ( ) under "P" in your dictionary.

(1) have listed (2) list (3) listed (4) listing

(平成7年度(本) 第2問 A 問13)

"psychology"という単語は辞書の"P"のところにあることがわかるでしょう。

psychologyは、お馴染みの「心理学」という単語ですね。listというのは「一欄に載せる、一欄を作る」という意味です。

この文は一見難しそうですが、find O Cの構文を知っていれば簡単です。意味は「OがCだと分かる」という意味ですね。

正確には、find O (to be) C/that節という形を取ります。言うまでもなく、第五文型ですね。Cの部分は、名詞、形容詞、分詞などが入ります。

ところで、第五文型というよりも、五文型の基本ですが、Cというのは、SやOの状態を補足して説明するので補語と言われます。

第二文型ならば、CはSを補足説明します。

He became a teacher.
彼は先生になった。

彼(S)は何ですか?それを補足して教師(C)だと説明しています。

第五文型ならば、CはOを補足説明します。

I found the book easy.
私はその本が簡単だと分かった。

本(O)はどんな本ですか?それを補足して簡単だ(C)と説明しています。

この問題の場合、「心理学」という単語は、listするのですか?listされるのですか?人間が、単語をlistするのですから、単語はlistされるのです。

したがって、受け身の意味ですから、過去分詞になります。正解は(3)のlistedです。

関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。