--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2011/07/07

【センター過去問】 平成8年度(追) 第2問 B 問6

A: This summer I'm going to do the same job as last year.
B: Why don't you try and get a more exciting job? There might be some work in Hawaii or Guam.
A: I'd rather take the one I'm sure to get. After all, ( )

(1) a bird in the hand is worth two in the bush.
(2) birds of a feather flock together.
(3) the early bird catches the worm.
(4) you can kill two birds with one stone.

(平成8年度(追) 第2問 B 問6)

A:今年の夏も去年と同じ仕事をやるつもりだ。
B:もっと面白い仕事をやったらどうだい?ハワイかグアムに仕事があるかもしれない。
A:確実に得られる仕事をやりたいね。結局、( )なのさ。

be sure to doは「きっと~する」という意味で、よく似たものに、be sure of O「Oを確信して」があります。

(1) a bird in the hand is worth two in the bush.
手中の一羽の鳥はやぶのなかの二羽の鳥に等しい
明日の百より今日の五十

(2) birds of a feather flock together.
同じ色の羽を持つ鳥は群れ集まる
類は友を呼ぶ

冠詞のaは「同じ、同一の」という意味です。

(3) the early bird catches the worm.
早起き鳥はミミズを捕らえる
早起きは三文の得

(4) you can kill two birds with one stone.
ひとつの意志で二羽の鳥を殺すことができる
一石二鳥

というわけで、確実に得られる仕事のほうがいいと言っていますから、正解は(1)です。

After all, a bird in the hand is worth two in the bush.
結局、明日の百より今日の五十なのさ。

関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。