--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2011/06/30

【センター過去問】 平成8年度(追) 第2問 A 問14

I've just finished cleaning my room and found it ( ) hard work.

(1) a very (2) one very (3) the very (4) very

(平成8年度(追) 第2問 A 問13)

私はちょうど部屋の掃除を終えたところで、それが非常にたいへんな仕事だとわかった。

workという単語は「仕事、労働、作業」の意味なら、数えられない名詞ですので、aやoneは付けません。またこの場合は「それがその非常にたいへんな仕事であると~」という具合に特定する必要もないので、単純に無冠詞でOKです。

ところで、抽象名詞というのは、一般には不可算名詞で、常に単数扱い、不定冠詞(a/an)は付かないということになっていますが、実際は様々な種類を問題にするときは、複数形のsが付いたりします。

He was lost in thought(s).
彼は物思いにふけった。

この場合は、ひとつの考えではなく、様々な考えが頭の中をよぎったというようなニュアンスです。

実際の英文を読んでいると、このような例はたくさん遭遇します。

正解は(4)のveryです。

I've just finished cleaning my room and found it (very) hard work.
私はちょうど部屋の掃除を終えたところで、それが非常にたいへんな仕事だとわかった。

関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。