--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2011/06/29

【センター過去問】 平成8年度(追) 第2問 A 問13

I recommended that she ( ) the professor.

(1) had seen (2) saw (3) should see (4) would see

(平成8年度(追) 第2問 A 問13)

私は彼女に教授へ会うよう勧めた。

今回の問題は極めて重要です、と言いたいところですが、近年のセンター試験ではあまり見かけなくなってしまいました。が、大学入試の問題というより、高校英文法の最重要問題のひとつとして、あまりにも有名な問題です。

【It is+~するのは(判断) that S (should)+原形】

It is important that you should study hard.
(あなたが一生懸命勉強するのは大切だ)

It is proper that she should have done so.
(彼女がそうしたのも当然だ)

これは「~するのは」という判断の意味の用法です。It isの次は、次のような語が来ます。

important(重要な), necessary(必要な), desirable(望ましい), proper(適切な), right(正しい), etc.

【命令、提案、決定 that S+(should)+原形】
He suggested that the party should be held next week.
(彼は来週パーティーを開くよう提案した)

He advised her that she should take care of herself.
(彼は彼女に体に気をつけるよう忠告した)

これは「~するように」という命令、提案、決定の用法です。that節の前は次のような語が来ます。

order(命令する), demand(要求する), request(要求する), suggest(提案する), propose(提案する), insist(主張する), advise(忠告する), decide(決定する), etc.

さて、上の二つの構文は、アメリカ英語では次のようになります。

It is important that he study hard.
(彼が一生懸命勉強するのは大切だ)

He suggested that the party be held next week.
(彼はパーティは来週開くように提案した)

これを、次のように書いたら最悪です。恥ずかしいなんてもんじゃないです。

×It is important that he studies hard.

×He suggested that the party is held next week.

つまりthat節の中が、動詞の原形になるので、仮定法現在というんですが、高校英文法の最重要事項の一つです。

ちなみに、仮定法現在には、もうひとつ用法があります。それが祈願文というものです。

【(May)+S+原形】
(May) Michael rest in peace.
マイケルが安らかに眠りますように。

ご覧のように、(May)+S+原形の形で、Sが~しますようにというお祈りの文になります。Mayを省略することもあります。しかし、動詞が原形であることに注意してください。

ちなみに、(May)+S+rest in peace.は略してRIP (R.I.P.)とも言って、墓碑銘(安らかに眠れ)の決まり文句です。

というわけで、本日の正解は(3)のshould seeです。

I recommended that she (should see) the professor.
私は彼女に教授へ会うよう勧めた。

もちろんアメリカ英語では、次のようになります。

I recommended that she see the professor.

関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。