--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2011/01/30

【センター過去問】 平成10年度(本) 第2問 B 問1

The writer thinks that in Japan decisions are often made in ways which ( ) ( ) ( ) ( ) ( ) countries.

(1) from (2) of (3) those (4) are different (5) some other Asian

日本では決定はしばしば他のアジア諸国とは異なる方法でなされると、その作家は考えている。

今回の問題は関係副詞howに関する問題かと思いがちですが違います。次の例文を見てください。

This is the way. He succeeded in business in the way.
これが方法です。彼はその方法で事業に成功した。

=This is the way (in which) he succeeded in business.
=This is how he succeeded in business.
これが彼が事業に成功した方法だ。こうやって彼は事業に成功した。

ご覧のように、関係副詞howは、the way, the way in which, howの3通りに言い換えができます。これは最初の例文のin the wayという副詞句(修飾語)が化けたものです。だから、in whichになるのです。

ところが、今回の問題はin whichという形になりません。よく似ているけれど、関係副詞howの問題ではありません。単純に関係代名詞whichの問題です。

thoseというのは、waysのことで、ways of some other Asian countriesで「他のアジア諸国の方法」という意味です。

正解は次のようになります。

The writer thinks that in Japan decisions are often made in ways which (are different) (from) (those) (of) (some other Asian) countries.
日本では決定はしばしば他のアジア諸国とは異なる方法でなされると、その作家は考えている。

関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。