--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2011/01/27

【センター過去問】 平成10年度(本) 第2問 A 問12

He lay on the sofa with his ( ) and soon fell asleep.

(1) arms folded (2) arms folding (3) fold arms (4) folding arms

彼は腕を組んだままソファーに横たわり、すぐに寝入ってしまった。

動詞の活用でこれほど試験によく出題されるものはないというのが次の二つです。

lie lay lain lying (自:横たわる)
lay laid laid laying (他:横たえる)

この問題の場合は、自動詞の過去形です。

次に、今回のポイントはwith O C(OをCして)という付帯状況の構文です。Cというのは、Oの状態を説明する部分で、補語的な働きをしています。

She was walking along the street, with her hair streaming.
(髪をなびかせながら、彼女は通りを歩いていた)
→髪はなびいているから能動の意味で現在分詞

He was washing his car with his pants rolled up.
(彼はズボンをまくり上げて、車を洗っていた)
→ズボンはまくり上げられているから受動の意味で過去分詞

Don't speak with your mouth full.
(口に物をほおばったまましゃべってはいけません)
→この場合は形容詞を使った例

したがって、今回の問題は腕は折りたたまれているので受動の意味です。正解は(1)のarms foldedです。

He lay on the sofa with his (arms folded) and soon fell asleep.
彼は腕を組んだままソファーに横たわり、すぐに寝入ってしまった。

関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。