--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2011/01/19

【センター過去問】 平成10年度(本) 第2問 A 問4

"I wish he wouldn't speak so rudely. He makes me so angry."
"Yeah, I can't ( ) up with him either."

(1) catch (2) keep (3) put (4) take

「彼はあんなに乱暴な口の利き方をしなければいいのに。とても腹が立つよ。」
「ああ、僕も彼には耐えられないよ。」

今回は熟語の問題です。rudelyは「無礼に、荒々しく」です。

(1) catch up with O = Oに追いつく

(2) keep up with O = Oについて行く、Oと交際する

(3) put up with O = Oを我慢する

(4) take up with O = (好ましくない人)と親しくなる

というわけで、二人とも彼の物言いには我慢できないのですから、正解は(3)のputです。

Yeah, I can't (put) up with him either.
ああ、僕も彼には耐えられないよ。

ところで、今回の問題文から、2点説明しておきます。まず一つは仮定法。

I wish I had more time.
(もっと時間があればいいのに)

I wish you had told me the truth.
(本当のことを話してくれればよかったのに)

このように、願望を表す仮定法は、

I wish+S+仮定法過去→~であればよいのに

I wish+S+仮定法過去完了→~であればよかったのに

となります。もうひとつ、「~も」という言い方ですが、

I like coffee.
(私はコーヒーが好きです)

I like it, too.
=I also like it.
=So do I.
(私も好きです)

I don't like coffee.
(私はコーヒーが好きではありません)

I don't like it, either.
=Neither do I.
(私も好きではありません)

肯定、疑問文ならばtoo、否定文ならばnot ~ eitherとなります。

これら二つの文法事項は、センターではよく出題されますので要注意です。

関連記事
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
サイト内検索
プロフィール

塾長

Author:塾長
1957年生まれ。小学校6年生のとき、独学で英語を勉強し始め、大学卒業後、塾業界へ入り、その後20年間、小学生の英会話から、大学受験英語まで指導してきました。趣味はフライトシミュレーターとルアーフィッシング。

塾長へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright
  • センター試験過去問は大学入試センターより転載許可取得済です
  • 当ブログ記事は無断転載禁止です
  • Copyright ⓒ 大学受験ねっと英語塾 All Rights Reserved
QRコード
QR
管理
Powered by igosso

FX脱税事例

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。